っというわけで、ここでは私が日常行っているデータの作り方を説明します。

ここではある程度イラストレーターを理解していらっしゃる方を前提に、

コツみたいな物をお伝えします。

まあ、作業自体に正解は無いのですが、これが今の所一番やりやすいと言う事です。

方法は常に「加算」ではなく「減算」だということです。

それから勘違いしてらっしゃる方もいらっしゃるので、お断りです。

私は実家は看板屋ですが、私自身はこの作業で飯は食っておりません(笑)

精々手伝いでたまにしているぐらいです。

ですから皆様もその気になれば同じ事ぐらいはできますので、是非一度お試し下さい。

でわ手始めに初級編からです。

1、必要な設備。

パソコン

イラストレーター

下書き(叉は必要なカタログ)

スキャナー

私の場合はタバコ(0.1ミリとかの精度でつくりますのでイライラします、笑)

その2、
パソコン立ち上げて、スキャナーで画像取り込み、叉はインターネット等から必要な物を拾います。

次にイラストレータを立ち上げ、

「新規」、ファイルメニュー「配置」、uzu

下書きの選択後「テンプレートにする」をチェックして、テンプレートにします。

テンプレートにすると半透明に下書きがなります。

その上に一枚新規レイヤーを作成。

そのままでは作業しにくいので画面メニューの「アートワーク」に変更をします。

このとき下書きがテンプレートになっていないとアートワークにしたときテンプレートが表示されません。

叉、テンプレートにしておけば、自動的にロックされますので、作業が楽です。

その3、

ここからは画像にて説明します。

例えばこれが下書き(叉はどこからか取り込んだ画像)だとします。
っでテンプレートにするとしたのように半透明になります(アートワーク時)

っでその状態で、まず縦の大きさが同じ四角を一つつくります。

画像では黒に塗りつぶされていますが、アートワーク状態なら正確には線画になっています。この辺はイラストレーターをしてらっしゃかたならわかると思います。

っでその四角を平行移動しながら文字分平行移動コピぺ。

ここでもアートワーク状態なら本当は線画になっています。

なぜ一つの四角からなのかと言うと、まちまちの大きさの文字にならないようにです。

その一つ一つの四角を文字の横幅と同じになるように拡大(横幅だけですよ)

ここではSの上にも四角をおいていますが、ごめんなさい、S,C,等は四角からでは厳しいです。

もしCなら○をつくっておいていらない部分に四角をおいて「減算」がきれいに出来ます。

あとPなんかは柱を四角から製作してそこに丸を引っ付ける「加算法」が一番です。

小文字のiならlからいらない部分だけをまた「減算」してもらうのがきれいです。

全てが曲線で出来てるもの例えばaとかSとかは、ベジエで普通に方取りをしてください。

すいません。

さてさて、みてのとおり、下に向かう程完成にちかずいています。

一番上の行ですがまずSは気合いでベジエ曲線で方取りしてます。

次ぎ、Aはまずいらないサイドの三角を一つ作りそれをコピーして平行移動、反転をかけ、四角から「減算」」します。

そして次に下側の三角をつくり(二等辺三角形を作るコマンドがあります)それを「減算」

2行目では逆Vの字になった所に四角をおいて「加算」する事によりAになります。

Nは直角三角形を置き、それをコピペ、上下反転を二つおきます。

っで四角からそれら二つを「減算」、ほらNが簡単にできました。

Dは四角からベジエ曲線を使いいらない部分を製作しそれを「減算」

2行目で中の部分をつくりそれを全体から「減算」

Lは四角から四角を「減算」っで以上完成。

っでこれが完成した物です。

かなり急いでつくったので、精度はかなり悪いです。

上が製作したもの。

下がもともとの下書きです。

Nは四角を作った時点で横幅をしっかりあわせなかったので、すこし横幅が小さいですね(笑)

Sも少々アヤスィー!!けどベジエ曲線は勘と経験が物をいいます。

じっくり練習してみて下さい。