今回の施工車はpeugeot うちの工芸では初の車です。

それを

PEUGEOT 306 MAXI "PEUGEOT SPAIN" G.PANIZZI/H.PANIZZI RALLY EL CORTE INGLES1998
にします。

っといっても実は実写の写真が有りません。

このオーナーさんの持っている模型のみです。

これを元に使われているメーカーロゴ等をサンプリングしていきましたので、

かなり苦労した覚えが有ります。データー集めにほぼ1週間(当然本業もしながら)かかりました。

っで、その模型を元に実写での採寸を行っていきます。

更にこの写真に数字を書き込んで行きます。

この辺の造形は2ドアの模型を元に行うので4ドアのデザインに直していきます。

実は一番最初の写真を取り忘れたので、これは既にバンパーを外した後。

外せるパーツは極力外すが鉄則なので、フロントを外しにかかる。

けど、外車のバンパー構造がよくわからずに挫折orz・・・

リアのバンパーを外ずした後。妙にスパルタン。

せめてライトだけは外しておく。

戦利品。

しつこく洗浄。

とにかく洗浄。

更に洗浄。

塗装を一切行わないので、全てカッティングシートだけで表現。

まずはリアパンバー

ラインなどを利用し、境目がわかりにくい様に施工。

まさにラッピング。

大方完成。

一部手直し。

フロントバンパーはそのままで施工。

低い位置ではやりにくいので、ウマにかけての作業

こちらもあらかた完成し、更にフェンダーを施工。

フェンダーは一枚物。

うむ、美しい。

こちらも完成。

ちょいちょいとパーツを取付。

更にリアハッチに施工。諸事情から2分割。

そういやブレーキランプは取り外してます。

リアフェンダーにも施工。こちらは1枚。

ドアパネルも一部施工。

後ろ斜めからだと白い車に成ったw

かなりの難航が予想されたボンネット。

サイズの問題から2分割。

まだまだ慣れない作業なので大勢で施工。

半分完成。

更に半分。ここから細部を加工。

裏に回してカット。

ちゃきーんw

とりあえずは白い部分は全て完成。

その2へ