今回もまたまた遊び心の入った仕様です。

北海道出身のKICKさん、出来れば自らのインプレッサも北海道仕様にしたい・・・・

ならば相談いたしましょう。との事で制作が始まりました、


オーナー様はkickさん。

コンセプトはずばり北海道スバルがラリージャパンに参加していたら?です。

まずはいつものように洗車。

非常に寒かった2006年としては妙に暖かかい日だったのでオーナー様的には楽だったようです。


さあ、作業の始まりです。


まずは用意したステッカーを並べます。

今回は大きな物からの施工を行うことに。

下準備としてリタックシートの不必要部分をカットしていきます。

他の業者さんはわかりませんが、私はこの方が作業しやすいです。


綺麗綺麗にカットします。


さて、準備ができたので、貼り付けします。

っとおもったら、おっとそのまえに取っ手を外さないと。


ほれ、取れた。


今後こそ貼り付け、まずは先ほどのリタックシートをカットした物を試しに仮止めし、

マスキングテープにて場所をマーキングしておきます。


こんな風にね。


実際にはりつけ、リタックの上からしつこく空気、水分を抜いた後、

少しづつリタックシートをめくりながら状況を確認。修正。


一通り剥がし終えたら、取って、ドアの切れ目を処理していきます。


取っ手の穴の内側に伸ばしつつ貼り付けながら、いらない部分をカット。


大体完成。


細部の状態。


両面共同じように施工。


ハチマキ(リアサンシェード)の施工。

これもコツがありまして、ゴムの下に入れ込んでいきましょう。

その為に、洗車段階でゴムの下もきちっと洗浄、

のちパーツクリーナーにて洗浄しておきましょう。


毎度のハチマキ完成写真。


二人がかりじゃないと出来ない部分は終了です。


毎度の用にリアを貼り付け。


残りはこんなところです。まだまだありますね orz・・・


ゼッケンのはりつけ、番号も一緒に印刷しても良かったんですが、

リアリティーが欲しいので、後から貼り付けます。


っで、フロント部の施工にかかります。

今回のコンセプトである「北海道スバル」を施工。


その下にはSTV radiostationを配置。 ちなみにstvとは札幌放送だそうです。

フォントはsti performanceをもじりました。


フロントプラークも貼り付け。


必死に施工してると、突然ふっさん、じっさん、ぱちもんさん登場。

じっさんにいたってはドリラジコンを持ち込み。

デフロックするために接着したデフが壊れたので、修理してました。


施工は続くよ〜いつまでも〜 orz・・・


じっさんはまだ修理中。


フロントサイドを施工


さあ、後少し。


さてさて、問題のCピラー、基本的にはマスキングテープで均等に貼ってけばいいんですけど、

そこはそれ色々とありまして、完全に均等に貼るとだめなんです。

ステッカーによって、隙間を変えて行かなきゃダメなんです。

口では何とも説明しづらいので、ここでは説明しません。


っで、こんな感じになりやした。

ほとんどを北海道の企業でまとめてみました。


で、完成。こんな感じ。


こちらも、

オーナー様にも喜んで頂き、ホット一安心。

そういや、ウイングはダブルゼータですねw