なぜレプリカシートはこんなに高いの?
私がそもそもこのマーキングという作業を始めた理由はそこに有りました。
どんなに安くても20〜万円もするの?なんで?

実家が看板屋をしており、価格内容を知っている私からしてみれば
正直そのような感想が一番に浮かびました。

これはあくまで概算ですが、スバルインプレッサタイプレプリカでも
主な物だけなら、
安ければ14万円チョイ、シートの材質を変更してもその20%が上限だと思ったからです。(ゼッケン、その他が入ってくると結構変わってきます)

4月10日追記、蛍光イエローにするとやはり値段は跳ね上がります。それからゼッケンによっても値段は跳ね上がります。上記値段はあくまで目安にしてください。自分のでよくわかりました。ゼッケンを懲りすぎて、大変な目に遭いました。)


っと言う事は残り半分以上の価格はデータ賃とハリ手間賃?
潜在的にはステッカーチューン(スポコンでも良いですよ)の需要はもう少し有るはずなのにな〜。
そこで私が1からデータを作成し、実際にカットしてやってみよう!!って思ったのです。

それから価格以上に思った事、それは
「個性を出す為のレプリカだけど、本物と幾分変わらぬ内容なら、結局、没個性じゃん!!」
例えばalcon、実際にそのブレーキをつけている人がどれだけいますか?
ならSTI(スバル乗りの人の話メインになってすいません)に実際についているbremboでもイイじゃん。
軽自動車にレプリカしてもいいじゃん。
色だってなんだって好きなのにできるはずなのに。
etc,etc
よしじゃあ造ってやろう!!オリジナルでやってやろう、そこからこのカッティングシートにたいする挑戦が始まりました。

幸いにも実家の看板屋の手伝いで、フォトショップ、イラストレータ共にそれなりに経験があります。(フォトショップはあしかけ10年!!)
カッティングシートの機材での問題は有りましたが、
某大手塗料メーカーに非常に近い協力会社様のカッティングシート加工部署様の協力により、
加工精度、価格共に満足の行く体制ができあがりました。
はっきり言って、データを作るのはかなりの労力がいります。
カットする為にはデータを造る必要が有りますが、
物によっては一つ造るのに「うん時間」というしろものもあります(まあ、これは凝り性な私の問題ですが・・・・)

確かに、看板屋でもデータを一から作るとそれだけで結構なお金はかかるんですけどね(笑)
貴重な時間を費やして果たして・・・・っと言う部分が有るのも正直ですが、がんばります。(笑)

☆今、猛烈にやってみたい事(どなたかいらっしゃいません?)

サンリオスポンサー競技車両(キティーちゃんの顔が大きくはっているのに、なぜかゼッケン付き競技車両みたいな。できればキティちゃんの顔はファイアーパターンまたはフレアパターン。女性の方いかがですか?)

レガシーレプリカ

アルト叉はミラをマルティニカラー

現状国内外メーカ等、90点以上のデータがあります。

スポコンでもなんでもできまっせ!!

とにかく、おもしろそうなこと突き詰めて行きましょう!!