突然ですが、レプリカ一台完成です。

SUBARU winfield imprezaです。

97年くらいの様です。

っで、今までは貼ってる最中の写真が多かったので、

今回はそれまでの手順について、説明していきます。

ただ、今回はレプリカしたい車はこれ!!って言う写真が

スケールモデルデカールについてきた、本物の写真だけでして、

色々な問題から逢えて載せませんでした。

ですから、「本物はこれ」って紹介することができませんです。すいませんm(_ _)m

オーナー様 TSU6さん

っで、このようにまず、大体のイメージで、マスキングテープ等をはり、イメージを具体化させていきます。

元々、2ドアだったので、それを4ドア様にするためです。

フェンダー部分もですね。

っで、そろそろ、具体的数値をはじき出していきます。

ゼッケンはどうあがいてもサイズがきまっているので楽です。

ここには、オリジナルとは違う物を居れます。

ここにはwinfieldっと入るわけです。

この辺が実際作ると大変そう・・・・

で、本物の写真から起こした物と、施工車とのCG合成写真とにらめっこ。

さらに具体的な数字を出していきます。

ただ、数字を出していくと、あそこの数値をこうすると、こっちの数値がダメ!!

っと言った事が多々あります。

そこをウマく協調させていきます。

ですから、はかればはかるほど、計算すれば計算するほど、

数値は変化しますし、納得できない部分も出てきます。

っで、そこを折り込みながら数値計算を繰り返します。

っで、このデーターを使用し、実際の貼り付けのさいの資料の一つにしていきます。

っで、そこから導き出された数値でプリントし、大きさの最終確認を行います。

大体、こんなものかな・・・・

ここも、さらにラインの本数が増えています。で結局、一番上のラインに決定しました。

この時点で、実際に貼るときの作業イメージを作っていきます。

こちらも作業イメージを作るための写真です。

さあ当日がんばりましょう。。。

っでここから実際に貼っていきますが、貼ってる最中の写真はあまり無いです。

すいませんm(_ _)m

いきなりですいません。

フロントはこうなりました。

正面前から。

実物はボディーカラーが赤です。

っで、バンパーはすべて青で塗られているのですが、

さすがに一部塗りするわけも行かないので、

ステッカーを一部分に貼り付けると言うことになりました。

あと、リアウイングも同じです。

サイドステップまで伸びるシートが大変・・・・

先ほど書いてたリアウイングの一部青色変更箇所です。

こういう事。

横面の一番おおきいカンガルー

winfiedはこれが重要。。。

ボンネットのカンガルー

写真が前後しますがボンネット正面です。

遠目からです。

なんでこんなにボンネットの写真ばかりあるかというと、

これから貼らなければいけない、サイドの後部からリアバンパーにかけての作業が

どう考えても大変そうだったので、なかなか作業を行う気にならなかったからですw

現実逃避にウイングにステッカーを貼りましょう。

先にトランクもやってしまいましょう。。。

もう一枚写真を撮りましょう。。。

残りは後日と言うことで・・・・・寒いし・・・・

ここからが大変そうです。

っで、やっぱり、先に違うものから始めました・・・・_| ̄|○ ダメな奴・・・

ハローページは隙間押し込みようですw

こういう事。

ちなみにPUBLIAPLICとはベルギーのステッカー屋さんらしいです・・・・

っで、とりあえず、おいてみてます。

ここからさらに写真が飛びます。観念しましたので、作業を進めます。

こんな感じ・・・・大変です。

っで、やっと、完成!!!!!!!

後ろから見るとこんな感じ。

そう言えば、ここで使った白色のほとんどが反射なので、滅茶苦茶反射します。

この反射白は中途半端に熱をくわえたりして延ばすと割れやすくなるので、

かなり苦労しました。。。。。

です。どなでしょうか?

つらかったです・・・・・